なぜ善人よりも悪人なのか?

善人なおもって往生を遂ぐ、
いわんや悪人をや
(『歎異抄』第三章)

善人でさえ浄土へ生まれることができる。
まして悪人は、なおさらだ。

『歎異抄』でも特に知られる、日本思想史上、もっとも有名な言葉といわれる。

衝撃的な内容だけに、
大変な誤解も生んだ。

「善人でさえ浄土へ往ける。
まして悪人は、なおさら助かる」
と聞けば、
「悪をするほど浄土へ往けるのか」と、
誰でも思うだろう。

実際、
“悪をするほど助かるのだ”
と好んで悪を行う「造悪無碍」とよばれる輩が現れ、
「悪人製造の教え」と非難された。

それはまた、
今もある『歎異抄』の根深い謬見(間違った考え)でもある。

かかる誤解を正すには、
親鸞聖人の「善人」「悪人」の認識を、
徹底して明らかにするしか道はない。

それなしに、
三章は勿論、
『歎異抄』をいくら熟読しても、
論語読みの論語知らずにならざるを得ないであろう。


私たちは常に、
常識や法律、倫理・道徳を頭に据えて、
「善人」「悪人」を判断する。

だが、
聖人の「悪人」は、
犯罪者や世にいう悪人だけではない。
極めて深く重い意味を持ち、
人間観を一変させる。

『いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし』
(どんな善行もできぬ親鸞であるから、所詮、地獄の外に行き場がないのだ)

この告白は、
ひとり聖人のみならず、古今東西万人の、偽らざる実相であることを、
『教行信証』や『歎異抄』には多く強く繰り返される。

『一切の群生海、無始よりこのかた、乃至今日・今時に至るまで、穢悪汚染にして清浄の心無く、虚仮諂偽にして真実の心無し』
(すべての人間は、果てしなき昔から今日・今時にいたるまで、邪悪に汚染されて清浄の心はなく、そらごと、たわごとのみで、真実の心は、まったくない)

悠久(果てしない昔)の先祖より
無窮(未来永遠)の子孫まで、
すべての人は、邪悪に満ちて、
そらごとたわごとばかりで、
まことの心は微塵もない。
しかも、それを他人にも自己にも恥じる心のない無慚無愧の鉄面皮。
永久に助かる縁なき者である。
『歎異抄』三章後半も、念を押す。

『煩悩具足の我らはいずれの行にても生死を離るることあるべからざるを憐れみたまいて願をおこしたまう本意、悪人成仏のためなれば……』
(煩悩(欲や怒り、ねたみそねみなど、私たちを煩わせ悩ませるもの)にまみれ、
どのような修行を励んでも、到底、迷い苦しみから離れ切れない我らを不憫に思い、建てられた本願だから、
弥陀の本意は悪人を救うて成仏させるためだったのである)

人間はみな煩悩の塊(かたまり)、
永遠に助かる縁なき「悪人」と阿弥陀仏は、知り抜かれたからこそ
“必ず救う” と誓われたのだ。
これぞ、弥陀の本願の真骨頂(真価。本来の姿) なのである。

聖人の言われる「悪人」は、
このごまかしの利かない阿弥陀仏に、
悪人と見抜かれた全人類のことであり、
いわば「人間の代名詞」にほかならない。

では
聖人の「善人」とは、
どんな人をいうのであろうか。

“善を励んで助かろう”
“念仏称えて救われよう”
と努める人である。

励めば善ができ、
念仏ぐらいは称え切れると思っている人だから「自力作善」の善人と聖人はおっしゃる。

“諸善も念仏も、いずれの行もおよばぬ悪人”
と見極められて建てられた、弥陀の本願を疑っている人だから、
「疑心の善人」とも言われている。

そのような自力におぼれている人は、
自己の一切の思慮分別を投げ捨てて、
弥陀にうちまかせる心がないから、
弥陀の本願の対象にはならないのだ。

これを
「自力作善の人は、ひとえに他力をたのむ心欠けたる間、弥陀の本願にあらず」
と教誡(教えさとすこと) されるのである。

だが弥陀は、
そのような邪見におごり自己の悪にも気づかぬ、「自力作善」の自惚れ心をも打ち砕き一切をうちまかさせ、
浄土へ生まれさせると誓われている。

かかる「自力作善」の善人さえも、
弥陀は誘引し救いたもうから、
「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」
と言われているのである。

「悪をするほど助かる」
「悪は往生の正因」など、
聖人の教えからは出ようがなかろう。

善人であれ悪人であれ、
要するに「自力の心をひるがえして、他力をたのみたてまつる」
他力の信心(阿弥陀仏から頂く信心) ひとつが強調されるのだ。

『自力の心をひるがえして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生を遂ぐるなり』
(本願を疑う自力の心をふり捨てて、他力の信心を獲得すれば、真実の浄土へ往生できるのである)

『他力をたのみたてまつる悪人、もっとも往生の正因なり』
(他力の信心を獲た悪人こそが、往生の正因を獲た人だ)

同じ表現を、聖人自作の聖教(仏教の書物) からも挙げておこう。

『本願他力をたのみて自力をはなれたる、これを “唯信” という』
(他力の信心を獲て、自力の心のすたったことを、唯信心で救われるという)

親鸞聖人は、
「他力をたのみて」と言われ、
『歎異抄』では
「他力をたのみたてまつれば」という。
『御文章』(蓮如上人の書物)では
「弥陀をたのみまいらせて」とあるが、
総てみな「信心一つで救われる」
他力信心のことにほかならない。

すでに『歎異抄』一章には、
「弥陀の救いには、善人も悪人も差別はない」と説き、
「ただ信心を要とすと知るべし」
と明言されている。

これによっても、
善人悪人、
一応、分けてはあるが、
弥陀の救いの焦点は、
他力信心一つに絞られていることが、明々白々である。

『歎異抄』では、
特に指摘し喚起しておかなければならない要点だろう。



.
[PR]
by sos-wind2 | 2015-08-01 14:58 | なぜ生きる | Comments(0)

猫暮らししてる絵描きのブログです


by 過ぎゆく風